あけましておめでとうございます

あいの里アットホームクリニック院長の塩野谷です。
前回のブログから少し日数が経ってしまいました。楽しみにしている皆様、大変申し訳ございませんでした。
なんとか時間を見つけて、小話(?)を書いていきたいな、と考えています。

少し年末を振り返りますと…
2022年の暮れからは、「年末年始を御自宅で過ごしたい」という思いの患者様・ご家族様からのご依頼が特に多くなりました。当然ですよね、日ごろたくさん病院で病気と闘ってきたのだから、年越しは家族と、大切な人と過ごしたい。我々を使うことで、「帰ってきてよかったな」と思っていただける方がいればそれが我々は一番うれしいです。

少しずつではありますが当院も認知されてきたのか、ご依頼をいただく数、スピード共に上がってきた印象を感じています。あいの里を中心とした北区、東区、石狩、中央区、当別から、連日たくさんのご依頼を頂いています。
貴重な患者さまのご紹介、いつも本当にありがとうございます。
スタッフを代表してお礼申し上げます。

そのような状況を鑑み、これまで以上に患者様のご期待ご要望に応えるため、あいの里アットホームクリニックは実は少しパワーアップしました。

まず、2023年1月から、一人メンバーが増員されました。
運転業務を中心に、当院を助けて下さるスタッフです。あいの里を含め北区は本当に降雪量が多く、住宅によっては近くに車を駐車することが難しい場合があります。そんなときでも離れた場所に待機して、迎えに来てくれる助っ人です。
現在は、伊藤先生に同行していただくことが多くなっています。非常に優しく、またドラムの達人でもあります。
どうぞよろしくお願い致します。

機材も少しずつ増やしております。

一つ目は携帯用のポータブルエコーです。(大きさの比較に腕時計を)

どうでしょう?小さくてコンパクトですよね。スマートフォン部分に検査中の画像が映るのですが、記録した画像をすぐPCに送れるのですぐ電子カルテに記載したり、全員で確認したりすることができます。

購入初日から稼働し、さっそく胸水の貯留を発見しました。

実際にスマーフォンに映っている画像を記録したものになります。

腹部、胸部エコーだけでなく膀胱にたまった尿の量、便秘の原因(固便)の有無を調べることも可能な機器になっています。今後は、胸水や腹水の穿刺の準備も整えていきたいと考えています。

二つ目は、最新式のシリンジポンプです。
一定のスピードで点滴を体の中に入れていく際に必要なものになります。
在宅では、オピオイド(医療用麻薬)や鎮静剤などを導入するときに使用することが多いと思います。
これまではレンタルしていたので患者様の自宅まで届けるのにすこし時間がかかりましたが、これからはすぐに導入が可能です。

これからも在宅診療で有用な機器を少しずつそろえていきたいと考えています。
また追加したものは紹介しますのでお楽しみに。

最後に一つお知らせです。
2月22日水曜日に石狩で勉強会を開催することに決まりました。当院から伊藤先生と井村看護師が、当院の訪問診療について話してくれる会です。質疑応答の時間もたくさんあるようです。二人ともお話上手なので、きっと面白い話が聞けると思います、皆様楽しみにしていてください。
追って詳細はSNSなどで連絡させていただきますので、そちらも合わせてご確認ください。

1月の入り本当に寒いですね、、吹雪の日も多くて震えてしまうような日も多いですが、引き続きスタッフ全員熱い心を燃やして皆様のもとへ駆けつけますので一緒に乗り越えていきましょう。患者様も関係者の皆様も、くれぐれもお体にはお気をつけてお過ごしください。
それではこのあたりで、失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

twenty − 18 =